--/--/--(--)--:--

スポンサーサイト

Category[スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/06/22(Mon)03:46

時をかける少女

Category[観た映画] Community[お気に入り映画]Tag[★★★★★ ] CM[0]TB[0]

見よう見ようと思いつつ、なかなか見る機会がなかったアニメ「時をかける少女」やっと観ました。
高校生ものに爽やか系ストーリーにちょっとファンタジーと、好きな要素ばっちりだったのでかなり期待。見た直後の感想はもちろん
「見てよかった……」
でした。

レビュー:★★★★★レビューの星について
時をかける少女(通常版)(DVD)

三行あらすじ

ごくふつうの(ちょっと活発でちょっと勉強が苦手な)高校二年生、紺野真琴の親友は千昭と功介。
遅刻ぎりぎりで教室に飛び込んだり、三人でキャッチボールをしたり、そんな日々が永遠に続くような気がしていた。
ひょんなことから真琴がタイムリープ(時を遡る)能力を手に入れるまでは。

何よりまず、声を大にして言いたい。真琴のポジションがうらやましい!
ちょっと軽そうな見た目とは裏腹に数学はめちゃめちゃできる野球好きの千昭、医学部志望の秀才でボランティア部に所属する心優しき黒髪坊主の功介。
その二人と過ごす高校生活!しかも二年生!
二年生っていいよね。自分なりの学校生活の過ごし方が確立されていて、かつ受験のプレッシャーに直面していない短い時期。
その一番いい時期に、そんな高スペックな親友ふたりと毎日を過ごす主人公・真琴。
こりゃあ魔女おばさんじゃなくても「真琴は○○君が好きなんだと」思うわ。仕方ない。
これが現実なら(ありえねーよとか言わない)激しく女子生徒達から嫉妬されるだろうけど、作中の真琴はせいぜい後輩に「功介先輩とつきあってるんですか?」と聞かれる程度。もしくは「いいなぁ真琴は千昭くんとしゃべれて」といわれる程度。
嫉妬でなく羨望レベルでとどめておけるのは、一概に真琴の性格による。
わかりやすくいえばガサツ系と区分されかねないほどのボーイッシュさで親友のふたりに接し、その親友に淡い恋心をもつ後輩の告白の手伝いまでしちゃう。
そんなあんまりにさらっとした爽やかな裏表のなさが、ウェットな女子達の目線ですらドライにさせちゃうのだ。
この三人の関係がこの作品の核でありスタート地点。
ここまで読んであの三人に憧れないタイプの人は、きっとこの映画自体とも相性があまりよくないはずだ。

物語が進むにつれて、そんな関係がちょっとずつ変わっていく。
真琴と千昭、千昭と二人(真琴&功介)、功介と二人(真琴&千昭)。
真琴はそんな時間をなかったことにしたくて、覚えたばかりのタイムリープを繰り返す。
なかったことにしたかった、というよりも、三人でいた時間を永遠にしたかった。
好きとか嫌いとかいう不確定な要素でいっぱいの未来よりも、今がいい。
それによって相手を傷つけてしまったとして、誰が真琴を責められるだろう。漠然とした未来への恐怖や、潔癖にも似た恋愛への忌避は誰でも覚えのあることじゃないだろうか。

終盤、真琴は最後のタイムリープを未来のために使う。
それで三人の関係は終わってしまうけど、過ごした時間は変わらないともう気づいている。
最後の河原のシーンでの千昭との会話が、まさに真琴の未来への向き合い方が変わったことを表している。
もう未来は恐れるものや遠ざけるものでなく、訪れるのが楽しみで愛おしいものになったのだと。
ここから急に自分の話になって申し訳ないが、高校生のときはここまで未来に対する希望を持てなかったし、むしろネガティブなイメージを抱くことが多かったなあ。
本当ならすべての人、特にまだ可能性がいっぱいある高校生くらいは未来を恐れないでいてほしい。むしろ楽しみでしょうがなくって、わくわくしながら明日へ飛び込んでいってほしい。真琴みたいに。
こう思うのも、わたしがいわゆる青春時代を過ぎてある程度大人になってしまったからかもしれないけど。

とまぁそういうこと色々考えて、千昭の台詞のひとつひとつに痺れ、功介のイケメンぶりにもだえ。
大好きな映画がまた増えました!
最後に、これもこの映画を語る上で外せないことですが、奥華子さんの歌声がまたいい。
高校二年生の一瞬の夏の刹那さ(切なさでもいい)を見事に表現してくれている。あのシンパシーの強さは何なんだ、いったい。
歌詞のひとつひとつが、固有名詞が出てくるわけでもないのにリアル。リアルなくせに「時かけ」とシンクロしてる。
おかげでいまだに曲を耳にするたび、何回でも映画の中にタイムリープしてしまうのです。

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」は受け付けていません。ご了承ください。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Information

Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。