--/--/--(--)--:--

スポンサーサイト

Category[スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/06/10(Sun)01:28

ガール

Category[観た映画] Community[映画★★★★★レビュー]Tag[★★★☆☆ ] CM[1]TB[1]

大物女優さんたちの競演も豪華ですが、相手役の男性陣もかなり豪華ですよ。
向井理が自分のことをさもわかったように語ってくれるそんな妄想も楽しめる映画、「ガール」観ました。

レビュー:★★★☆☆レビューの星について
[DVD]神様のカルテ スタンダード・エディション ◆22%OFF!

三行あらすじ

大手広告代理店勤務の29歳シングルの由紀子(香里奈)は、恋人(向井理)はいるもののどうもしっくりいかず、仕事も不調だった。30歳を目前にして焦りばかりが日々募っていく。だが、不動産会社に勤める友人の聖子(麻生久美子)や、文具メーカー勤務の容子(吉瀬美智子)、シングルマザーの孝子(板谷由夏)らも同じように悩んでいた。(引用:「Yahoo!映画

あなたは「ガール」ですか?


この問いに自信をもって答えられる女性はどれくらいいるんだろう。
これまでそれなりの人生を歩んできて、それなりに経験を積んでいる。かといって昔思い描いていたような大人になれているかというと、そうでもない。
大人の女性と呼ばれるのには反発したくて、女の子と自称するにもまた抵抗がある。
そんなまさに難しい年齢の女性たちを描いたのが本作「ガール」だ。

誰かがいるからゆえに「ガール」


登場する女性達はみんな周囲からの評価を受けている。
29歳で甘い系ワンピを衝動買いしちゃう由紀子は年上の友人いわく「痛い」し、女だてらに管理職となり年上の部下も束ねる聖子は「怖くみえないような」スーツを選んでまとう。
女性がファッションだったり言動を気遣うのは世間の中で生きていく術のひとつだと思う。
周囲からの評価を受け、視線を気にして(でも気にしないようにして)、自分がこの世界でどのように映っているのか。それを常に意識しているように。
由紀子のように「女の子はみんなお姫様なんだから」とまでは思いませんが(だって事実ほとんどの女性はお姫様ではない自分を自覚しているんじゃないか)、そうして身繕いをして生きている女性たちはけなげだなぁと思うのです。
意中の男性に釣り合う自分かどうかを気にするなんて、かわいいじゃないですか。ねぇ。

まさに役不足といっていい配役


登場人物たちはどれもそれなりに響く名言を残してくれるし、その姿に共感もするのですが。
惜しむらくは百貨店で働くカタブツの女性・安西を加藤ローサが演じたこと。
クライマックスで[容姿にコンプレックスを持つ彼女が勇気を出してファッションショーのモデルをやる]エピソードはとてもいい。とてもいいのですが。
加藤ローサちゃんならそりゃかわいいでしょうよと……。
原作の小説だったら安西の容姿も読者の想像なわけだし、こういうツッコミたくなるようなこともなかったんでしょうね。
あのシーンで本当にミニなんて履けないと思ってる女性達を敵に回したんじゃないか、とよけいなことを思ってしまいましたよ、と!

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」は受け付けていません。ご了承ください。
  2. twitterの…

    2012/06/27(Wed) 07:18つい子 [ URL|Mail ]

    C8Tznz67
    みんなのエッチなつぶやきを
    覗き見!
    http://3169sS77.twittor.co/3169sS77/

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

7.まとめ【ガール】まっとめBLOG速報 ]

2012/10/23(Tue) 09:23

大物女優さんたちの競演も豪華ですが、相手役の男性陣もかなり豪華ですよ。向井理が自分のことをさもわか

Information

Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。