--/--/--(--)--:--

スポンサーサイト

Category[スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/04/11(Sun)23:28

サルバドールの朝

Category[観た映画] Community[DVDで見た映画]Tag[★★★★☆ ] CM[0]TB[0]

こないだの「パンズ・ラビリンス」の予告編つながりでチェックしたこちらですが、偶然なことにどちらも同一政権以下のスペインが舞台でした。
そしてどちらも立場は違えど、政治に翻弄された市民の姿。考えさせられます。
サルバドールの朝」観ました。


レビュー:★★★★☆レビューの星について
サルバドールの朝 DVD

三行あらすじ

フランコ将軍の独裁政権下のスペイン、軍からの弾圧と戦いながら活動を続ける反政府活動を行う組織が数多くあった。
青年サルバドールも闘争の末に警官殺しとして捕えられ、不当な裁判で死刑判決を受けようとしていた。
弁護人やサルバドールの家族たち、そしてバルセロナの市民たちも判決を覆す恩赦を求め続けた、実在の青年の話。

観終わって後悔しました、何がって知識のない状態で映画を観てしまったことに。
あらすじでもわかるように、たった30数年前のスペインで起きた実話を元にした話です。
社会派とまではいわずとも、近代世界史の最低限の知識くらいは知っていないとこの映画が描こうとしていたものはわかりません。
サルバドールは大きな権力と闘い、捕えられ、それによって死刑判決を受けます。
その大きな権力がまさにフランコ政権なのですが、サルバドールが立ち向かうその「敵」の巨大さ・残忍さ・非情さを知らなければ、この映画を見ても反体制に傾倒した青年の自業自得と思ってしまうかもしれない。
こんな偉そうなことを書いている私ですが、見終わった後に釈然としない部分があり時代背景を調べる(Wikipediaレベルですが)まで、サルバドールの闘った理由や彼を弁護人や多くの市民が支持した理由がわかりませんでした。
日本の高校レベルの世界史では近代スペインについては軽く触れる程度、日本人にとってなじみ深い分野だとはいえないかもしれない。
私自身こんな感じで背景については追っかけで仕入れた知識なので、スペインの司政については偉そうなことはいえません。
偉そうなことはいえないけど、それでもこの映画をきっかけとしてサルバドールのような青年がいたこと、彼がなぜ闘わなければいけなかったのかを多くの人に知ってほしいと思いました。


以降は映画本編について。上記のように悲壮感あふれる背景で大変な使命をもってしまうサルバドールを描いていますが、映画本編だけだとそこまでのことはわからなかったかな。
もともとスペインでは知らないものはいないというくらい有名な青年とのことであえて説明は省いているのでしょうが。
政府と闘う活動の一環として強盗や盗みをやる彼らなので、捕まってしまうのはしょうがないんでは……と思わざるをえませんでした。
弁護をする弁護人もサルバドールたちの反社会的な行いについては異論を唱え、家族も危険な行動をとっていた息子を心配します。
どちらかというとこちらの人々の感覚のほうが観ている側としてはなじみやすく、いくらなんでも「無罪」はないのでは……と思ってしまいました。
いまだに 活動費集めの強盗についてはなぜ問われなかったのかが理解できていない私……。

そんなふうに主人公に対して否定的な感情で観進めていくのですが、いつのまにか引き込まれていきます。
一人の警官を死に追いやった罪としては死刑は確かに厳しく、そしてその死についてもサルバドール一人の犯行というにはおおいに疑問が残る。(作中ではサルバドールが打った銃弾より明らかに多くの被弾があるとしている)
そういった警察による意図的な証拠のねつ造や、堅物な弁護人や看守までも味方につけてしまうサルバドールの人たらしな部分。ここで一気に観客である私も味方になりました。
なんといってもサルバドール役のダニエル・ブリュールの演技がいい。
差し支えがあるかもしれないけど、顔芸がすごい。
目元と唇の動きで、なんとも細かく感情を表現しています。
特にここぞというシーンでカメラがぐっと寄り、唇の震えまで大写し。派手な効果のない画面ですが強く印象に残ります。

最後は悲しいエンディングですが、追っかけの情報で少し救われたのでここに書いておきます。
スペインでは[この事件を最後に死刑制度はなくなり、サルバドールへの執行が最後の死刑執行となった]そうです。
死刑存続問題は日本ではまだ決着がついてないけど、この事件のことを思うと冤罪をなくすのは本当に難しいことだなと思わされました。

そうそう、全編とおして凝った画面が多かったですね。
オープニングの歴史的人物達の顔写真のコラージュ、ロックをBGMにしたアクションシーンはインパクトあり。
ただそれが余計「オシャレ系」っぽさを醸し出していて、時代背景を知らずに映画をみて「よくわからんかった^^」といわれてしまうことが多そうで……。
いやオシャレなのはいいことなんですが、俳優もイケメンだし画面もオシャレだしじゃ本来のテーマに食いついてくれる層が敬遠しかねないかなと。懸念です……。

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」は受け付けていません。ご了承ください。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Information

Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。