--/--/--(--)--:--

スポンサーサイト

Category[スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/03/02(Tue)23:07

アバター

Category[観た映画] Community[映画館で観た映画]Tag[★★☆☆☆ ] CM[0]TB[0]

話題作、「アバター」観ました。
あー……
いやー しんどかった。
こんな思いしたのBABELのジープ酔い以来だ。


レビュー:★★☆☆☆レビューの星について
アバター

三行あらすじ

死んだ科学者の兄の代わりに、宇宙の果ての惑星パンドラに派遣されてきた元海兵ジェイク。
彼の任務は、惑星の原住民族とされているナヴィ族を模した分身(アバター)に入ること。
ナヴィ族の女性ネイティリらと接するうちに、ジェイクは人間たちの目的に疑問を抱き始める。

興行収入記録更新中だし、こりゃDVDよりも劇場で観ないといけないよねっていうことで連れ立って映画館へ。
しかももちろん3D!
3D映画なんてベオウルフ以来だわん!とウキウキしていました。
結局それが全ての間違いだったんですけどね。
激しく画面酔いしました。激しく。

そもそも席もかなり前方のほうで、首をぎゅっと上にあげた姿勢で固定。
さらに視界の悪い3D、臨場感あふれるアクション。イコール、臨場感あふれるカメラぶれ。
あ、あと評判の悪い字幕だった。
開始20分くらいからやばいかなと思い始め、ちょっと目をつぶってたら収まるだろうと思ってたら、気がつけばジェイクがネイティリと契りを交わしてナヴィ族に馴染んでました\(^o^)/ 字幕だし英語なんてもちろんヒアリングできませんよ!
何か話も佳境っぽいしちゃんと観たいと思い、早よ終われと吐き気を抑えて祈りながらも後半はちゃんと観ました。
ということで実質一時間半くらいしかちゃんと観れてない……

ということで私のその日の体調には全く合わなかったという理由で映画の星をつけちゃっていいの?という思わないでもないですが、演出方法として3Dを用意しているわけだから、そこはもう割り切っちゃいます。
そもそも体調悪くなったんなら外にでればいーじゃんと言われそうですが、なんたって2000円だしギリギリまで頑張ってみようかなーとかそもそも前の方の席だから出るときにも戻ってくるときにもまた迷惑かけちゃうじゃんとか色々。とにかく2時間半悶々としていました。
劇場で観るべき映画と皆いうし私自身もそう思ってたけど、私にとってはDVDで観るべき映画だったのでした。間違いなく。

この流れで映画自体の話にいくのも気まずいけれども(笑 メモメモ。
映像はやっぱりさすがの美しさで、ファンタジックなんだけど実際どこかにいそうなクリーチャーや植物のデザインは見事。
パンドラという惑星はとにかくキレイでした。これは見る価値があった。
ストーリーは……藤子・F氏がご存命のときのドラえもん劇場版か、手塚神の火の鳥あたりでやってそうだなぁと……。
エンディングは前者ならのび太達はママの待つ家に帰るし、後者なら主人公は火の鳥に看取られる最期なんだろうけど、そうしなかったのがアバター。な気がしました。

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」は受け付けていません。ご了承ください。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Information

Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。