--/--/--(--)--:--

スポンサーサイト

Category[スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/11/03(Tue)23:24

オーシャンズ13

Category[観た映画] Community[映画★★★★★レビュー]Tag[★★★★☆ ] CM[0]TB[0]

やっと最新作。といいながら去年とかその前とかだよね、コレ。
オーシャンズ13」観ました。
前々作前作の感想はこちらから。


レビュー:★★★★☆レビューの星について
【送料無料選択可】洋画/オーシャンズ13 特別版

三行あらすじ

過去二回の大仕事を一緒に成し遂げた仲間、ルーベンが卑怯な手ではめられた。
オーシャンズ一人をはめたら、全員を敵に回したと思え。
その憎い敵・バンクを伐つために、オーシャンズは周到な計画を練り始める。

舞台がラスベガスに戻っただけあって、第一作目に立ち返ったような空気。
今回は毎度スポンサー役を買って出てくれるルーベンの敵討ちというだけだって、資金繰りに奔走するオーシャンズ。お金は大事だよー。
そこで第一作目の敵、ベネディクトbyアンディ・ガルシアの登場。
ここでのダニーやラスティの嫌っそうな顔とか、ライナス坊やの「良策ではないかもしれないが」発言とか、楽しすぎです。
いつかのボス(敵)を今回は自らのボス(上司)として立ち回らなきゃいけなくなったオーシャンズ、おかげで画面内の豪華さもグレードアップです。私がベネディクト贔屓なのもあるけど!

いつものメイン三人以外にも、シリーズでかつてないほど多い登場シーンのメンバーも。
二人ワンセットで影が薄くなりがちなマロイ兄弟も今回は大活躍。単細胞ながらも情に厚いいいキャラです。
気の弱いイメージのリビングストンも、新キャラのメカニック屋と組んで新境地。カジノで捕まってみせるところは、さりげなくファインプレイですよね。
しかしカジノが舞台だとやっぱりぐっとメンバーが輝くなぁ……俳優達のゴージャスさに背景が負けてないというか。豪華かつエネルギッシュな場が「オーシャンズだなぁ」という気がします。
前々作がダニー(の元サヤ)、前作がラスティ(の元サヤ)ときたら今回はライナスが元サヤっちゃうんですか?!と戦々恐々としていましたが、こういう使い方なら私的にはアリです。
正統派男前二人のしたで子ども扱いされるライナス坊やがかわいいので、今後もぜひこの系統でよろしくお願いいたします。今度もPTA出演だし、どんだけ末っ子キャラ。

今回もうまいこと敵であるバンクを陥れていく訳ですが、序盤からの伏線を回収しつつ、大仕事を成し遂げるための小技を重ねていく。
そのための一手としてソール爺さんの小芝居ありつつ、ライナス坊やのハニートラップありつつ。役者の層が厚いっていいですね、ダニーさん。
サクサクとお話が進むし、オチもおいしいところを持ってかれた!……と思いきや豪快すぎる仕込みでやっぱり大丈夫だったもんねオチ。
前回の家を傾ける盗みに引き続き、豪快かつありえねーよ!な盗みの計画がみていて気持ちいいです。実際の犯罪で真似しにくいだろうしね。
完璧に仕事をこなし、最後にはまた再会を誓って別れる。そういう仲間関係も憧れるなー。
一人一人の個性もやっとそれぞれ際立ってきて、脚本家もやっとキャラをうまく動かせてきた感ただよう今作。シリーズ中で一番面白かったです。
あいかわらずこれ単品でみるとどうなのってのはありますが、まあテレビドラマシリーズだと思ってみればよろしいんじゃないかと思います。

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」は受け付けていません。ご了承ください。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Information

Archives

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。